ミシン分解しちゃいました・・・

次女(2年齢幾分)を妊娠してから、手縫いのスタイに訪れ、手芸の楽しさに目覚めたこちら。

2万くらいでブラザーのミシンを購入してからは、ベッド補填を作ったり、次女の被服を作ったりと面白く過ごしておりました・・・
そうしたら、きのう、プーリー(ミシンの針を移すためにグルグル回すアレ)を回したら、なんかコキンコキンという音調が。もちろん、普通に取り回したらキンキン!キンキン!って・・・
こりゃどうしても、糸屑かなんかがプーリーの根元にからまったかなどですな・・・。
以前からだらだらウェブサイト見てたら、ミシンって修復が高い、二流はヘビーユーズするとすぐ割れるってそれほど載ってて。
これくらいの外傷で、高いお金描き出すのも、修復仕事場に送ったりするのも不満ですなーといった。
こりゃ、恐らく、ぱかっと分解してあけて、プーリーのとこだけ治せるな、自分で。と、調子に乗って開けちゃったんです。
ネジをグリグリして、あっさり、ぱっくり開いたミシンさん。
プーリーのとこもさすが糸屑がはさまってて、それをとったらスムーズに訪ねるように。
あとは閉めておわり~♪と思ったんですが。
これがもちろん何やら上手く行く原因がなく。。。
結果的には針を支えてる芯棒が異なりちゃって、ミシンさん死去・・・
も~いやぁ~。
一先ず、ブラザーのお客駆け引き室とかには問い合わせたんだけど。
ま、開けちゃってるしね。製造元断言ももちろん切れてるしね。
駆け引き室のお姉さんも「開けちゃいましたかぁ~(焦)なるほど・・・」って。
元来、開けてなかったとしても修復には基本的には2万以来なるそうで。
は、2万のミシンだったわけだから、新しいの貰うか。。。ってそもそもなっていたというわけで。
真新しいミシン、ほしいな。製造元断言5年齢とか普通にいらっしゃるな…
う~ん、ほしいミシンの頁を解くだけ開いて、あとはポチッとするだけなんだけど。
母親の嗜好に5万は…大きいな…ど~しよ~ぉ…iPhone6に乗り換え(MNP)で月々安くキャッシュバックも貰える!